うつわ空

現代陶芸作家のうつわ紹介と企画展での展示 販売のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


あかつき色の
波のおと

いつかきいた
鐘のおと




1_convert_20150828100830.jpg
見込金彩鉢 山本英樹




深みのある色調は
色に様々な表情があると
気づかせます




2_convert_20150828100850.jpg




いにしえの 尾上のかねに 似たるかな
岸うつ浪の あかつきの声
    (藤原俊成「新古今和歌集」)





3_convert_20150828100910.jpg





手のうつわ









スポンサーサイト
  1. 2015/08/28(金) 10:14:20|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


湧きたつ水の
清しさに

我をわすれ
流れを見つめる




①_convert_20150825111103
飾り瓶 橋村大作




その硝子のつまみを外すと
一瞬間 清涼な空気に
あたりが一変する




②_convert_20150825111254





道の辺に 清水流るる 柳陰
しばしとてこそ 立ちとまりつれ

   (西行 「新古今和歌集」)




③_convert_20150825111311





手のうつわ










  1. 2015/08/25(火) 11:22:33|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


ひかりは

さやかに満ち

すべらかに照らす




①_convert_20150821225328
立ち上がり皿 谷口晃啓




月の夜

縁台のうつわに

水を満たし

月を浮かべ 愛でる




②_convert_20150821225104





秋風に たなびく雲の たえまより
もれ出づる月の 影のさやけさ

(左京太夫顕輔「小倉百人一首」)










手のうつわ









  1. 2015/08/21(金) 23:04:50|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


ゆれる葉の先に

風がとおる

季節が移る




①_convert_20150817152656
葉文そば猪口 藤塚光男




表情のあるうつわは
使っていて楽しい
素朴で優しいうつわの表情はまた
作りてのお人柄そのもの




③_convert_20150817152736





いつしかと 萩の葉むけの 片よりに
そそや秋とぞ 風も聞こゆる

  (崇徳院「新古今和歌集」)




④_convert_20150817152756





手のうつわ




  1. 2015/08/18(火) 00:00:01|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧のお知らせ うつわ空 手のうつわ


ひとつひとつ作りての
手によって大切につくられたうつわ
同じもののない ひとつだけのうつわを
どうぞ手にとってご覧ください




dm表裏-page1_convert_20150807103512
染付小皿 藤塚光男




うつわ空 手のうつわ

会場 うおがし銘茶 築地新店 茶の実倶楽部
(東京メトロ日比谷線 築地駅)

2015年9月14日(月)~19日(土)
Open10:00~17:00(初日12:00~/最終日15:00迄)
(うつわの展示販売)

本展覧では新たに藤塚光男さんの染付磁器のうつわをご紹介いたします。
小皿、カップなど、手にとりやすいうつわをセレクトしました。
また、他、水指、水盤や大振りの鉢など今展覧のみのうつわもございます。
8人の作りてのうつわの景色をどうぞお楽しみください。


展覧作家
藤塚光男(磁) 尾形アツシ(陶) 小山乃文彦(陶) 設楽享良(磁) 谷口晃啓(磁)
橋村大作(ガラス) 山崎雅之(木) 山本英樹(陶)




ギャラリーへのアクセスはこちら







  1. 2015/08/11(火) 00:00:01|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木のうつわ Yamadai 山崎雅之さん



山崎雅之さんの木のうつわは

そのままのように
そこにある





①_convert_20150801151729




加工されていることを
忘れてしまうほどに
うつわが活き活きと呼吸している




②_convert_20150801151753




三浦半島の先
海が目の前に広がる土地に生まれ育ち
自宅近くに工場を構え
ひとり黙々と作業している





⑥_convert_20150801151926
工場の目の前は海 晴れると正面に富士山が見える




注文の家具づくりを生業としている手は
木の性質、クセなど熟知している




④_convert_20150801151836




出来上がりのお皿は
まだ産毛が生えているよう
使ううちに
手になじみ
艶を増し
色も変化していく




アップ1_convert_20150801151958
くるみ木皿




木は呼吸する

植物オイルで拭き
仕上げることで
息をとめず
木に潤いを与える




③_convert_20150801151814




木を聞く

流れに沿う

そのままのように
そこにある




⑤_convert_20150801151905







  1. 2015/08/04(火) 00:00:01|
  2. 陶房訪問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。