うつわ空

現代陶芸作家のうつわ紹介と企画展での展示 販売のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Dear L


 
透明のむこうがわ




1_convert_20150228175241.jpg
振出し 橋村大作




内の世界は外の光に活かされ
外の世界は内の景色に心ゆらぐ




2_convert_20150228175304.jpg





幻想は無限にひろがり
とどまるところをしらず




4_convert_20150228175353.jpg





内と外は環りまわる
ひとつの宇宙




3_convert_20150228175418.jpg







うつわ空 春 no 音










スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 17:59:02|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H Smiles



月の水海

自ら発するように
やわらかく光を反射する




1_convert_20150226103047.jpg





冷やりとした感触に
瞬間
透明度は増す




3_convert_20150226103139.jpg






清浄な気配は
凛として

静けさに華




2_convert_20150226103118.jpg
白磁正方皿 谷口晃啓









うつわ空 春 no 音










  1. 2015/02/26(木) 10:38:02|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Peace Piece



気づきは
ふいに目の前に現れる




1_convert_20150223100316.jpg
麦藁手深小皿  設楽享良




物は手と触れあい
合わさり、温かみを増す




2_convert_20150223100351.jpg





終わりのない動きのなかに
美しいと見る瞬間
すべてがやさしく柔らかに変化する




3_convert_20150223100446.jpg





なんの計らいもない
息をするような
平常の美しさ




4_convert_20150223100516.jpg










うつわ空 春 no 音











  1. 2015/02/23(月) 10:13:24|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

At Last I Am ...



その白は
あの夜みた ひとひらの
雪の白に似ている



1_convert_20150220133453.jpg
粉引そば猪口 小山乃文彦




降る雪は
触れるそばから消えてなくなり
冷たさの感触だけが
微かに皮膚に残る




2_convert_20150220133520.jpg





その白は
いくつかの温度を内包している
手につつみ閉じた瞼の裏に
あの日の雪の
白の残像




3_convert_20150220133546.jpg







うつわ空 春 no 音






  1. 2015/02/20(金) 17:30:00|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L song




静と動は
相反するものでありながら





1_convert_20150218095728
薪刷毛目茶碗 尾形アツシ





境界は 混じり合い
どちらか区別がつかなくなり




2_convert_20150218095754






勢い 流れが

重さをともない

とどまらず





3_convert_20150218095818






ザクザクと音を立てる土の
ままに

静かな塊となって
そこにある





4_convert_20150218095850










うつわ空 春 no 音












  1. 2015/02/18(水) 10:19:36|
  2. うつわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武雄 そして有田


2月 寒波が日本中をすっぽり覆って痛いほどの寒さが続きました。
そんな中、九州佐賀の武雄で作陶されている山本英樹さんの陶房へ行ってまいりました。

九州というと温かい地というイメージがあり、今回の訪問も冬の寒さを一時しのげるかと思っていましたが、実際は私の住んでいる横浜よりも雪の降る回数も積雪も普通にあるとのこと。
よくよく考えればコンクリートだらけのヒートアイランド街に暮らしている自分の身、いかにぬくぬくと守られているのか実感できる旅でもありました。

武雄の隣はすぐ有田。今回は山本さんのうつわの買付に向かったのですがこの機会に有田の町を散策してみました。

まずは日本の磁器発祥とされる泉山磁石場へ。
有田焼の創始者と言われている陶工・李参平氏が泉山で質の良い白磁石を発見した磁石場とのことです。



2_convert_20150215174826.jpg
山は大きく削り取られ剥き出しになった岩肌は現在採掘されていず、公園になっていました


1_convert_20150215174803.jpg


3_convert_20150215174846.jpg



その李参平氏を祀っている陶山神社へ。


4_convert_20150215174908.jpg


5_convert_20150215174939.jpg


8_convert_20150215175101.jpg
幾つかの鳥居をくぐり急な石段を登りきると磁器製の鳥居が有田の町を見下ろしているようにたっています。



6_convert_20150215175010.jpg


7_convert_20150215175034.jpg
境内は狛犬、神社本殿の欄干、奉納の大水瓶など磁器で作られたものが並びます。



有田といえば有田焼。古伊万里や初期伊万里、柿右衛門などのコレクションで有名な九州陶磁文化館へ向かいました。残念ながら写真はないのですが、とても中身の濃い充実した内容の展示でした。
特に柴田コレクションは江戸初期から幕末の有田磁器を時系列順に展示し、様式の特徴や技術の変化など解りやすく解説されています。

また特に、8回にわたる柴田コレクション展の図録全9冊が、いずれも素晴らしくどれにするか迷うほどです。
これほど多くの伊万里を見ることが出来たのは想像以上のことでした。
古伊万里好きの方にはぜひともお薦めしたい場所です。
時間があれば1日楽しめる宝庫でした。
県の施設なので有難いことに観覧は無料で見ることができます。



9_convert_20150215175128.jpg




今回の旅は1泊2日のジェット旅でしたが次回は気に入った場所をじっくり観てまわろうと思います。









  1. 2015/02/15(日) 18:13:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

陶仙房 山本英樹さん


シャープで簡潔
うつわ自体から鳴っているような
静かな気配



1f2_convert_20150211152209




佐賀県武雄市で作陶されている
山本英樹さんの陶房
陶仙房へ行ってまいりました。



2_convert_20150211152230



時に見おろすように
時に見守るように
陶房の目の前の黒髪山



5_convert_20150211152342



そして陶房に隣接するご自宅の目の前には池



3_convert_20150211152256



土地と
家族と
陶の世界で生きていくことは
とても自然な流れであるようです



7_convert_20150211152436




その自然で素直な流れは
そのまま山本さんのうつわにも
表れています



6_convert_20150211152410




風、光
土、水、火




ふと見上げれば
雲一つない冬の空
はるかはるか 高いところで
すれすれに行き違う2機の飛行機
ああ、 時は
豊かに流れていました





4_convert_20150211152319



  1. 2015/02/11(水) 15:45:28|
  2. 陶房訪問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧のお知らせ 「うつわ空 春 no 音 」


作りてが聴く音楽は...

素朴な疑問から始まりました

作陶中に聴く音楽

好んで聴く音楽

いろいろ 流します

うつわと音楽が共鳴する空間

どうぞお運びください




dm春no音_convert_20150206104756
白磁正方皿 谷口晃啓




うつわ空 春 no 音

会場 千駄木空間

2015年 3月 4日(水)~ 3月 8日(日) 5日間

Open 12:00am ~ 7:00pm (最終日5:00pm まで)
(うつわの展示販売いたします)

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹



ギャラリーへのアクセスはこちら






  1. 2015/02/06(金) 10:54:45|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。