うつわ空

現代陶芸作家のうつわ紹介と企画展での展示 販売のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014年 展覧会案内

生活に寄り添う日々のうつわをご紹介してまいります。



2014年3月15日(土)~3月23日(日) 9日間 終了
もとえ珈琲 (川崎 元住吉)
「珈琲とうつわⅡ」



2014年7月19日(土)~7月25日(金 )1週間 終了
インペリアルギャラリー (横浜 山下町)
「ゆらぎ」展



2014年9月1日(月)~9月6日(土) 終了
うおがし銘茶 築地新店 茶の実倶樂部 (東京 築地)
「Mitate」展



2014年10月30日(木)~11月4日(火) 終了
アートスペースK2 (東京 神楽坂)
「いつかのうつわⅡ」展



2014年12月13日(土)~12月15日(月) 3日間 
インペリアルギャラリー (横浜 山下町)  
「たいせつな贈りものⅡ」展


※予定は変更、追加になる可能性がございますので当ブログにて随時ご確認くださいませ





fb1IMG_2299_convert_20140522170836.jpg
大切な贈りもの展
2013年12月 横浜インペリアルギャラリー










スポンサーサイト
  1. 2014/05/22(木) 17:17:04|
  2. 展覧会案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

琵琶湖


4月の中旬
うつわの買付に
京都・奈良へ向かいました



b1f_convert_20140517180041
琵琶湖



せっかくなので
興味を惹かれる場所へも
行くことになりました



b2IMG_3443_convert_20140517180103.jpg




それぞれ離れていること
時間的に余裕があることから
思い切って車で行くことに



b3_convert_20140517180127.jpg




旅は8日にわたり
思いがけず
沢山の素晴らしい景色や
温かい人の心にも触れることができました



b4IMG_3456_convert_20140517180158.jpg
琵琶湖東岸 さざなみ街道



一人で旅をするということ
それはいろいろな意味で
とても大切な時間でした



b5IMG_3461_convert_20140517180225.jpg




写真を整理していて
琵琶湖周辺を車で走った時のものが
とても印象に残ったので
これをもって旅の締めくくりにしようと思います。



b6IMG_3464_convert_20140517180248.jpg
安土山を臨む



近江八幡から
山の方へ進み



b7IMG_3466_convert_20140517180308.jpg




どこまでも広がる
田園風景と
遠くを走る電車



b8IMG_3468_convert_20140517180336.jpg




そしてもっとも魅了した
春色の山々

旅から戻ってきたばかりなのに
また次への旅に
思いを馳せてしまいます







  1. 2014/05/18(日) 08:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

佐川美術館 樂吉左衛門館


佐川美術館に行ってまいりました。



b1f1_convert_20140517112719




といっても正確には
樂吉左衛門館の茶室見学がメイン



b2f2_convert_20140517112741
左手 佐川美術館
右手奥 樂吉左衛門館



敷地の大部分が水庭
水面から浮き出ているようです

樂吉左衛門館は茶室ともに
樂吉左衛門氏ご自身による
設計創案・監修されています。
メディアでも度々紹介され
一度訪ねてみたかった場所

平日の朝一番の茶室見学は
幸運にも私一人
贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

茶室は、
水没する小間と
水の中に浮かぶ広間からなり、
広間の床と水庭の水面の高さがほぼ同じ
「水面と同じ高さに座す。
人は自然と同じレベル、目線で生きていかなければならない」
との案内があります。

コンセプトは「守破離」
千利休「規矩作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本をわするな」
からきています。
茶室正面入口に「守波離」扁額が。

路、寄付、露地、中潜、蹲、小間、広間
屋内ならではの表現の極み
限りなく侘び、寂びた空間
静謐な佇まいは
訪ねるものを
選ばず拒まず
ひっそりと静かに
時を刻んでいます



b3IMG_3437_convert_20140517112804.jpg
木目模様のコンクリート



杉の木目模様のコンクリートです
杉板のはられた型枠に
コンクリートを流し込み
木目の凹凸を写した模様となります
まるで杉材そのもののよう。

コンクリートには
黒土を混ぜ込み
茶室はさらに色が深くなっています

お茶室のつくりというと
日本材にこだわるような気になりますが
こちら茶室は至る所
至る国々からの材で構成され
まったく異質感を感じないのは
みごとです



b4f3_convert_20140517112826
展示室地下ロビー



池の下の天窓からの
水のゆらぎが壁に反射しています
見ることのできる
時間の流れ

展示室内は
茶室におとらず
訪ねるものの心を
惹きつけます

光と影
ものの気配
静と動
浮き
そして沈む

微かに聞こえる
砂の流れのような
時のおと

たったひとり
空間をひとりじめできたことに
感謝です。










  1. 2014/05/17(土) 11:50:01|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都 その2


以前、京都の置屋の通りを
案内してもらったことがあります
地理に疎く
今ではどこをまわったのか
見当もつかないのですが
日暮れて暗くなった路地に灯るあかりの中
とても幻想的であったことを思い出します



京都へいくと
必ずいくところがあります



B1法然院1_convert_20140511144626
法然院



静かで心が落ち着きます



B2法然院2_convert_20140511144651




もうひとつ



b3銀閣寺裏山_convert_20140511144502
銀閣寺裏山



早朝の銀閣寺裏山の杉木立
冷たく澄んだ空気に充ち
心身が洗われます



B4地蔵院_convert_20140511144552
地蔵院


竹の寺としても知られている地蔵院
今回初めて足を運びました
人気のない境内は
透明な空気が流れています
方丈から眺める庭は
人の手を感じさせず

しばらくその場から離れられず
鳥の囀りを聞くともなしに
茫と座り込んでしまいました



   IMG_3428_convert_20140511144854.jpg










  1. 2014/05/11(日) 15:24:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

京都 桂離宮

桂離宮へ行ってまいりました。



b1松琴亭_convert_20140510165247
松琴亭



新緑の季節
見事に行き届いた園内は
清涼な空気が流れています



b2真_convert_20140510165312
真 延段 



切石と自然石を巧みに利用した延段は有名ですが
真行草にたとえられたそれら敷石は
訪れるものに感慨を与えます



b3行_convert_20140510165337
行 延段



古の来客は、この延段が真行草に変化していく様を
たのしんだことでしょう



b4草_convert_20140510165400
草 延段



日本には素晴らしい言葉がいろいろありますが
究極に凝縮されたのは銘ではないでしょうか
桂離宮にも
心に響く銘がたくさんあります。
中でも美しいのは
松琴亭、月波楼、蹲踞に「浮月」という名もあります。

銘で今回気になったのは
茶室 笑意軒



b5笑意軒_convert_20140510165424




李白「山中問答歌」
「問余何意栖碧山笑而不答心自閑」
(余に問う何の意ありて碧山に栖むと。笑ひて答えず心自ら閑かなり)
に由来するということです。
この歌には「桃花流水杳然去 別有天地非人間」と続きます。



b6ふすま_convert_20140510165446
笑意軒の戸襖の引手は矢羽と櫂の形が施されていました



月の身近な日本人
桂離宮にも月見のための
あらゆる趣向がなされています


月の出る夜に
訪ねることを想う



blast_convert_20140510165509
園林堂









  1. 2014/05/10(土) 17:06:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

陶房 谷口晃啓さん


京都府京丹波にある
谷口晃啓さんの陶房へ伺いました



bfb3_convert_20140504163806.jpg
ランプシェード



谷口さんはご夫婦で作陶されています
奥様は藤森ちかこさん
とても詩的で音楽の聞こえてくるような
うつわです

いっぽう谷口さんのうつわは
どちらかというと静的で
透明感のあるうつわと感じます
特に白磁正方皿の静けさは
しばらく傍に置いておくと
こちらの気持ちが
すっと落ち着いてきます

お二人共通しているのは
うつわにとても温かみがあること
京都市街から少し離れた静かな土地で
小さな子供たちと仲睦まじく生活をしている。
そのものがうつわにあわられるようです



b1_convert_20140504163739.jpg




訪ねるとまず
庭を拝見します。
1年前と変化しているようなしていないような
けれど着実に何かが進んでいるような。
野生の鹿との戦い。。。
植えても、育っても、若芽や柔らかい葉、茎、花、
食べられてしまう。
それはもう一年のサイクルの中で
気長にやっていくしかないのだろうなと思わせます

この気の遠くなるような時間の流れが
ゆったりと流れる大きな河のようで
この土地で生活し、うつわをつくるということ
それはとても大切なこと
大事なことだと
この土地に来るたびに思うのです



bIMG_3362_convert_20140504163856.jpg




今回は新しく目にするうつわもたくさんありました
庭が育ち、小さな子供たちが成長していく中で
うつわもまた
変化していくのでしょうか
楽しみです



b+last_convert_20140504163707.jpg












  1. 2014/05/04(日) 16:49:36|
  2. 陶房訪問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室生寺


室生の里山は春の陽気にけぶっていました。



1室生_convert_20140502200956
室生の里山



奈良の室生寺を訪れたのは何年ぶりでしょうか
前回は五重塔が修復されたばかりで
まだ周りの景色に馴染めず
その空間だけ異質であった記憶があるので
おそらく10年は経つのではないでしょうか

時間というのは本当に早いものです
あっという間に年月は経ってしまうものです



2太鼓橋正面_convert_20140502201018
太鼓橋渡って正面



ちょうど桜花が舞う季節に
再びこの寺へやってきたのは
とても幸運でした



3弥勒堂_convert_20140502201045
弥勒堂



4金堂_convert_20140502201113
金堂



5本堂_convert_20140502201142
本堂



6五重塔_convert_20140502201207
五重塔
今ではすっかり周りにとけこんでいます



今回、意を決して奥の院まで足を運びました
慣れない山歩きではありましたが
周りの景色に魅了され
立ち止まっては後ろを振り返り
杉の大木の天辺を見上げ
所々にある石塔のそばを通り抜け
上へ上へと目指します



7石段2_convert_20140502201234




8杉の大木_convert_20140502201302




9奥の院石段_convert_20140502201330




鬱蒼と立ち並ぶ大木の緑陰は
清涼な冷気がわたっています
長い石段を息を切らし
昼なお暗い木陰の中
ひたすらにのぼっていきました



10七重石塔_convert_20140502201400
奥の院 七重石塔
室生の里を見下ろしている



11奥の院常燈堂より_convert_20140502201432
奥の院 常燈堂からみる室生の里



眼下の室生の里が遥かに
ホトトギスの声の響く堂の外は
爽やかな風に心が洗われるようでした






12last_convert_20140502201459.jpg















  1. 2014/05/02(金) 20:59:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。